このエントリーをはてなブックマークに追加

クルマの車種にはこだわりを持って欲しいです。

一昔前の若者にとって、クルマは自分を表現する大きな武器だったと言えます。
普段おとなしい人間がアメ車に乗っていたり、大胆な人間が小型のイタ車に乗ってい足りと、その人の内面が結構クルマには出るのです。

また、クルマをしょっちゅう乗り換える人は、女性もしょっちゅう変わることが多いです。

多くのクルマを所有する男性は、女性遍歴も多いと言えるのです。

クルマを見るか連れている女性を見れば、だいたいの趣味は分かります。
クルマを一台だけ所有するにも、その人の趣味が車種に大きく反映されます。
ただし、最近の若者に関して言うとその限りではありません。余りクルマには興味が無いようです。

あれば何でも良いという感じです。

クルマが好きな人間とそれ以外の人間が極端に別れています。
好きな人間は、クルマに書ける費用も膨大だという若者が多いのですが、どうでも良い派は親父のクルマで良いという感じです。

どんなクルマに乗っていてもクルマなら何でも良いでしょという感じです。

クルマに趣味性を感じないようです。

クルマが売れないはずです。

クルマを欲しいという若者が減っているからです。

我が家の息子も23歳になりようやく免許を取りに通い出しました。
どんな車を買う?
と聞くと、軽自動車で良いとのこと。取りあえずあれば何でも良いという感じなのです。

これが最近の若者に共通していて、クルマが売れない大きな原因になっています。
自動車メーカーにも悪いところがあり、魅力的な車が作れないというのも大きな原因だと思います。

Copyright (C)2017最新情報!クルマの人気車種を大調査.All rights reserved.